NEWS

新着情報

BLOG / 2021.04.13

エコボード 断熱性能実験

みなさまこんにちは。
GERMAN HOUSE株式会社です。

本日は第二弾。木質繊維断熱材エコボードの断熱性能をご説明いたします。
木質繊維断熱材エコボードは、2004年から日本で採用され、数千を超える木造住宅に採用されてきました。

エコボードを施工された大工さんから「断熱材を施工中の現場が涼しいんだけど、なんで?」
そう質問をいただいた日を今でも覚えております。

断熱性能の判断基準

現在日本では、断熱材の断熱性能を、熱伝導率という単位で測ることが一般的です。
熱伝導率とは、断熱材にどのくらい熱をカットする力があるかを数値化したものです。
断熱材の性能を測るには、とても重要な数値ですよね。

しかし、住宅先進国では、熱伝導率だけで断熱材の性能を測りません。

断熱材の性能判断で重要な蓄熱容量とは?

ドイツでは、熱伝導率の他に、蓄熱容量も使って断熱性能を測ります。
蓄熱容量を簡単に表現すると、外壁に当たった熱がどれくらい時間をかけて室内側に伝わるかを数値にしたものです。つまり、蓄熱容量が良ければ良いほど、エネルギーが室内に伝わるのが遅いと言えます。

3つの断熱材を使って、温度伝導率を確かめるための実験動画をご用意しました。
熱伝導率だけで性能を測るとエコボードが一番性能が悪いですが、、、、、

POINT

熱伝導率は数字が大きいと性能が悪い。
温度伝導率は、数字が大きいと性能が良い。

断熱材が家の性能を決める。

断熱材をこだわることによって、今までになかった快適な空間を実現することが可能です。
断熱性能は、体感して初めて性能を理解することができると思いますので、
木製断熱エコボードの性能を体感されたい方は、ぜひお問い合わせください。


GERMAN HOUSE株式会社

CONTACT

お問い合わせ/資料請求

電話でのお問い合わせ
048-291-0666
[受付] 10:00~18:00 [定休日] 土曜・祝日

border

フォームからお問い合わせ/資料請求