環境断熱ECOボード

  1. ECO断ルーフ
    ECO断ルーフ
  2. ECO断ウォール
    ECO断ウォール
  3. ECO断フロア
    ECO断フロア
  4. ソフテック
    ソフテック
  5. ECOボードの性能
    ECOボードの性能
  6. 環境断熱ECOボード
    環境断熱ECOボード
  1. ECO断ルーフ
  2. ECO断ウォール
  3. ECO断フロア
  4. ソフテック
  5. ECOボードの性能
  6. 環境断熱ECOボード

1.遮熱性能

遮熱性能

高い遮熱性能で、真夏の暑さから家を守り、
屋根裏でも、まるで木陰にいるような涼しさを実現。

281mmの外壁が熱の浸入を12時間遮る

日差しを遮断し、居住空間を快適に保つためにつくられたECOボード

従来の繊維系断熱材や石油系断熱材では、屋根から伝わる暑さを遮断しきれず、室内に熱がこもったりと、特に上階の部屋などでは、その暑さに不快感をおぼえてしまうことさえありました。
自然素材で出来たECOボードは、熱をしっかり遮断し、真夏の暑さを確実に和らげます。そのため冷房費も抑えられ、そのことが結果として、省エネにつながります。
地球と環境と住まう人にやさしい自然素材で出来た断熱材、それがECOボードです。

同じ厚さの断熱加工をした場合の熱を遮る、遮熱時間の比較

ECOボードは、セルローズと比較すると4倍の遮熱性能をもつ


2.断熱性能

断熱性能

真冬の寒さから家を守る高い断熱性能に加え、
25mmの凹凸加工により、高い気密性能も実現。

25mmの凹凸が高い気密性能を実現

4面25mmの凹凸により、隙間なく施工ができるECOボードは、高い気密性を発揮します

「ECO断ウォール」の熱貫流率

  外張り用
ECOボード
充填用
ソフテック
内張り用
ECOボード
熱貫流率
(W/㎡・K)
トリプル断熱 40mm 80mm 50mm U=0.19
ダブル断熱 40mm 80mm - U=0.31

「ECOボード」の熱貫流率

  屋根用
ECOボード
(35mm)
外張り用
ECOボード
(40mm)
充填用
ソフテック
(80mm)
熱貫流率
(W/㎡・K)
1.13 0.97 0.44

省エネ全室24時間冷暖房を実現

断熱性能に優れ、水蒸気を透すECOボードは、夏は涼しく、冬は暖かい家を実現します。
また、高い断熱性能に加え、25mmの凹凸加工により、隙間なく施工が出来るECOボードは、高い気密性能も発揮します。さらに、外張り用ECOボード+充填用ソフテックによるダブル断熱工法を採用することで、省エネ全室24時間冷暖房も実現しています。

ダブル断熱

充填用ソフテック


3.遮音性能

遮音性能

壁も床も、合計120mm厚もの断熱材を施工する。
優れた断熱性能に加え、遮音性能を併せ持つ「日本で初めての断熱遮音ボード」。

壁の遮音性能  35dbをCut

うるさいと感じる音の大きさ

うるさい 70db 掃除機・騒々しい街頭・キータイプの音・トラックの騒音
60db 普通の会話・チャイム・時速40kmで走る自動車の内部
普通 50db エアコンの室外機・静かな事務所
40db 静かな住宅地・深夜の市内・図書館
静か 30db ささやき声・深夜の郊外
20db ささやき・木の葉のふれあう音
LL55  軽量衝撃音 遮断性能LL値の測定
LH60  重量衝撃音 遮断性能LH値の測定
床の遮音性能  床用ECOボード断面模型


4.耐水性能

耐水性能

高い耐水性能と深い凹凸加工で水の浸入を完全に防ぐとともに、
野地板を必要としない硬度を持つECO断ルーフ(屋根用ECOボード)。

耐水性能

断熱性能に優れているのはもちろんのこと、耐水性にも優れ、たとえ施工中に雨が降っても断熱材の内部まで雨水が浸透することはありません。
耐水実験の様子
 

高い硬度

野地板を必要としないほど、高い硬度をもちます。
ECO断ルーフ施工模型


5.透湿性能

透湿性能

人間にとって「第三の皮膚」である「家の断熱材」は、
皮膚と同様に水蒸気を透し、呼吸をしなければならない。

水蒸気を透し、呼吸する家

人間の皮膚は呼吸をする。暑いときには汗をかき、皮膚より汗を放出する。
家も汗をかく。そのため、家を覆う断熱材は人間の皮膚や衣服と同じく透湿性をもつ必要があり、家の中で発生した水蒸気は、妨げられることなく外部に放出されなければならない。
ECOボードは、空気を透さず、水蒸気のみを透します。
これにより、構造体を腐らせる原因となる「壁体内の結露の発生」を防止できる断熱材です。
透湿プレミアムウォール

透湿モルタルシステム(ノンクラックシステム)

「透湿モルタルシステム」は、水蒸気の移動を妨げない材料を厳選した外壁です。水蒸気を透す断熱材「ECOボード」に直接モルタルを塗ることで仕上がります。また、モルタルにクラックが入る心配もなく、窓まわりの雨染みも起こりにくい、過去の常識を覆した透湿モルタルシステムです。
 

透湿木製サイディングシステム

火に強いECOボードは、外壁に木製サイディングを貼ることを可能とします。防火規制が厳しい準防火地域においてもご使用いただけ、薬品を注入しない無垢の木製サイディングの使用が可能となりました。


6.防火性能

防火性能

火にも強く、万が一の火災時にも有毒ガスを出さない。
2004年、ECOボードは日本で初めて国土交通省認定を取得。

防火試験風景。
釜にセットされたECOボード。
写真①の○部から見える内部の様子。釜の内部で800℃~950℃の炎にさらされています。
45分後、釜から取り外したECOボード。外壁から脱落する事無く燃えながら残っています。
40mm厚のECOボードは、すべて燃えつきず、さらに構造体まで火が到達することはありませんでした。

2004年 国土交通省認定

ECO断ウォールは準耐火60分という国交省の厳しい認定を取得しています。準耐火45分の認定が必要な地域でも、ECOボードの施工によって外壁に木製のサイディング貼りが可能です。さらに、「ECO断ウォール」は自然素材の「木」から出来ているため、有毒ガスを発生させません。
  • 認定
    取得済
  • 準耐火
    60分
  • 準耐火
    45分
  • 防火
    30分
在来工法 30分 45分 60分
モルタル仕上げ
木製サイディング仕上げ
2×4工法 30分 45分 60分
モルタル仕上げ
木製サイディング仕上げ
2015年1月現在
石油系断熱材による外張り工法で、通気層内部に火が浸入し、火災になった事例


7.メンテナンス性能

メンテナンス性能

長持ちをする家を実現するためには、
断熱材・気密性能のメンテナンスが出来なければならない。

気密性能のメンテナンス

どんなに優れた外壁でも、紫外線や風雨、雪などによっていつかは劣化します。そして同時に、断熱・気密性能も低下していきます。しかし、従来より使用されてきた窯業系サイディングでは、断熱・気密性能のメンテナンスを行う場合には、その外装材を全て取り外し、断熱材の張り直しや気密工事をする、大規模な工事が必要となります。
一方、ECOボードを採用した「透湿プレミアムウォール」は、断熱材の交換と気密工事の再施工が大変簡単にできるように、予めメンテナンス方法も研究された唯一の断熱工法です。
25mmの凹凸が高い気密性能を実現
モルタル直塗りだからこそ、塗りなおして気密性能を復元
気密性能の
メンテナンスが
できなかった
従来工法
気密性能を復元するためのメンテナンスをする際、一度外壁を剥がすことでしか、修復出来ない従来工法

断熱材のメンテナンス手順

断熱材の一部が劣化しても、部分的に張り替えることが可能
透湿モルタルシステム(モルタル直塗り)だからこそ、塗り直して断熱・気密性能を復元
新築当初だけの性能をいくら誇っても意味はなく、必ず劣化する断熱・気密性能を復元できてこそ、エコハウスと呼べる住まいなのです。


7+.環境性能

環境性能

いつかは解体される住まいだからこそ、
家造りに採用される素材には、安全に処分できる環境性能が追求されなければならない。

環境断熱ECOボード

どんなに素晴らしい性能を持つ断熱材であっても、住む人の健康に害を及ぼしたり、将来取り壊すときに環境破壊につながる素材は使用してはなりません。
「使うべきもの」、「使ってはならないもの」を定め、安全に処分できる材料を厳選し、且つ高い性能を誇る断熱材、そして、環境と未来に生きる子供たちのために、負担を残さない家造りに欠かすことの出来ない断熱材が「環境断熱ECOボード」です。
従来より使用されてきた断熱材

グラスウール

ガラスや石などの3ミクロン以下の繊維は、アスベストと同様にがんを引き起こす素材として、健康を脅かすことが懸念されています。また、写真のようにカビの発生の原因にもつながります。

セルローズ

原材料の古新聞や電話帳などに使われている紙には、酸化防止剤や漂白剤、そして印刷インクや防虫剤などが含まれていることが懸念されます。

ロックウール

ロックウールは、石を高熱で熱し製造するため、大量の二酸化炭素を出すと同時に3ミクロン以下の繊維を多く含む断熱材です。

吹付け発砲ウレタン

新築当初は確実に接着されている断熱材も、揺れや木材の収縮により断熱材に隙間ができる可能性が高い断熱材です。

羊毛

羊毛は火に弱く、防火性能を向上させるためにホウ酸などの物質が加えられています。
害虫の被害を防ぐため、除草剤などが使用されることもあります。

石油系外張り断熱材

万が一の火災時に、有毒ガスが発生する危険性があり、最終処分時に十分な安全性が確保できないという問題があります。

資料請求・イベント・
お問合せはこちら

■電話でのお問合せ

GERMAN HOUSE 輸入事業部

電話番号 048-291-0666
電話番号 048-291-0666

[受 付]10:00 - 18:00
[定休日]水曜・休日

■メールでのお問合せ

メールでお問い合わせ